総括

まだまだ草取り真っ最中ですが

忘れてしまいそうなので書いておこう

田んぼの作業をやってみて思ったこと

それは田植えをするまでに何をするかで全てが決まると言うこと

まずは苗

うちはみのる君のポット苗なので大きな成苗で田植えが出来ます

今年のような失敗は問題外

来年はしっかり作ります!

これが出来たら、最初から深水で管理が出来ます

深水管理が出来ると様々な利点がいっぱい

これについてはまた今度書きます

次に田んぼ

自分が思う理想的な田んぼは

未分解の有機物がなくて、畦がキレイな事

未分解の有機物があると、田植え後に水の中で微生物が分解する際に、水中の酸素を使いガスを出します

このガスが土の中で稲の生育を阻害します

同じ日に植えた同じ品種の稲が

ガスが出る田んぼ、出ない田んぼで目に見えて違います

そして畔

代かきやチェーン除草で浮かせた物を、キレイに端に寄せるためにキレイな畔は必須

今年塗った田んぼと塗らない田んぼで

除草の効果や、代かき時の有機物の寄り方が全く違います

こういった所を改善していけば、来年は…

それもこれも

昨年までとは比べ物にならないくらい草が押さえられているって言うこと

どうしよう、こうしようって場当たり的に右往左往しているのではなく

何の為に何をしてるのかを自分で考えられている事だと思っています

さてさて

明日も草取り頑張ります

草の生えない田んぼを目指して

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>