陽の光の奇跡

国東に来て6年目

6回目の米作りが終わろうとしてます

うちでは

早い稲と、遅い稲にわけて植えています

早い稲はササニシキ

遅い稲はヒノヒカリが中心です

今年の早い稲(ササニシキ)は草が抑えきれずに散々でしたが

遅い稲のヒノヒカリは絶好調

絶好調ぶりをお伝えする前に、このヒノヒカリの事を少し書きますね

コシヒカリと黄金晴の交配種です

1990年に宮崎県で品種登録されて

九州では、かなりポピュラーなお米です

感光性で中晩成

粒は小粒で硬質米、食味は極良とされています

コシヒカリを交配しているので、分蘖(ぶんげつ)が弱く短悍です

収量は肥料も農薬も使わない栽培で

5俵採れれば良いと聞いていました

.

うちで植えているヒノヒカリの種は

宇佐の本百姓さんが11年自家採種したものを譲っていただき

うちで6年目なので、自家採種歴は一応17年目です

なかなか上手く作ることが出来なくて

とても苦労してたお米ちゃんですが

今年のヒノヒカリ(陽の光)はヤバいです

どうヤバいのか?

.

.

良すぎるんです

とりあえずこちらをご覧ください

凄いでしょ?

ってよく分からないと思いますが

分蘖の数が凄いんです

.

肥料や農薬を使わないお米で

一株の分蘖が60越えると凄いと言われてます

ですが

この株は

なんと

138!

細いのを入れてこの数字ですが

太いのだけ数えても82!!

いやいやあり得ないでしょ?

言われそうですが

長さは余裕で120㎝オーバー

これもあり得ない

穂も長くて多いのよ

もう重くて重くて倒れてしまいそうでしょ?

.

自分でもびっくりするくらいのヒノヒカリの奇跡

色々な狙いがあり、やってる事は沢山あるのですが

どうしてこんなに良いのかよくわかりません

理由はわからないけど、出来ちゃった

って言うのが本当のところ

理由はこれから解明していきますが

ヒノヒカリでもこんなになるかなってのを

証明できた事が、先ずは嬉しいです

良くできたお米は、落ちる(小米や色選落ち)お米も凄く少ない

収量もとんでもない事になってますよー

コシヒカリ系を好まない方にはオススメできませんが

とっても美味しいです

.

.

農未来のお米は【喜び米】

商標登録を取って販売しています

等級検査はしていませんので無検査米となります

ヒノヒカリを【陽の光】として販売しています

.

2017年産の【喜び米】の【陽の光】、沢山ありますので

ご注文お待ちしてます

ストアの方は近日中にお米も来週末くらいから販売開始しますので

チェックしてみてください

よろしくお願いします

.

下の農未来ネットストアをクリック

農未来ネットストア

http://nou-future.stores.jp

0 comments on “陽の光の奇跡Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です